2017年10月04日

失明に至った方のリハビリ

こんにちは
山梨で創業122周年
メガネ・補聴器のセイビドーオリオン通り本店の市川です


10月に入り、いよいよ秋が深まってきていますね
今日は最低気温を20度を下回る地域がチラホラ
うちのアパートもそろそろ寒さ対策を始めないと・・
まだ何もない・・・


さて、先日の話ですが
『第16回 視覚に障害がある方の為の社会適応訓練講習会』
として
糖尿病で失明する人をなくそう。〜スクリーニング・治療(内科・網膜外科)・リハビリへの連携
という内容の講習会へ
ルーペと遮光眼鏡の企業展示として参加してまいりました。

眼科のドクターが主催となって開かれる講習会で
昨年も参加させていただき、貴重なお話が聞けた講習会です。


今回は
海外の糖尿病網膜症患者へのスクリーニング(病気の発見や経過観察)の取り組み
糖尿病の合併症が出ないためにはどうすればよいか?
糖尿病網膜症、黄斑症の治療について
など
様々な内容が聞けた中で印象的だったお話をひとつ


それは
糖尿病で失明(ロービジョン)に至った患者様のリハビリについて
歩行訓練士の方からの発表でした

通常私たちは店舗で視力のある方の相手をしていますから
失明に近い状態の方のお話を聞く機会はあまりありません



『視覚障害とは、移動の障害と情報の障害の事です』



眼を閉じて、歩く

それがいかに困難なことか
当たり前な事ですが、まさにそうだなと思いました。

その方のリハビリとして
白杖の使い方、歩き方を練習する場面
点字を習っている場面
訓練の際に気を付けていること
など、お話いただき
改めて見えるという事の尊さを認識しました


糖尿病の方は日本に1000万人
その予備軍と思われる(未発見)方が約1000万人
つい先日発表されていました
糖尿病は本当に怖い病気ではありますが
失明に関しては、きちんと内科、眼科を受診していれば
予防が出来る病気だと言われています
今回の講習会でも、一人でもそういう方を減らしたい
そんな気持ちが感じられる講習会でした


セイビドーの公式ホームページはこちらから
http://seibido.com/
Facebookもやっています
https://www.facebook.com/seibido.yamanashi/
みなさんのイイネ!お待ちしております^^
【関連する記事】
posted by 本店 at 15:41| Comment(0) | 視力に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: